お墓構築にかかる期間は?
2016.12.20

subimg01お墓は一生のうちでとても大切な買物になります。一生のうちで一度あるかないかの機会であり、満足のいくものでなければいけません。では実際に建てる場合、構築期間が一体どのくらいになるのでしょうか。やはり建てるのであればその人によって色々希望や要望が出てくるのではないでしょうか。どんな墓石にしたいのか、デザインはどうするかなど家族で話しあい色々考えていくと意外と時間が掛かってしまいます。その為、構築期間の平均は約3ヵ月となっています。これは契約をしてから完成するまでの期間になりますが、じっくり時間をかける人であれば半年くらいかかってしまう人もいます。それぞれ建てるにあたりどんなものにしたいのか希望もあるでしょうし、完璧さを求める場合やはり色々打ち合せを重ねる必要があります。

実際契約するまでもどこが良いのかじっくり時間をかけて選ぶ必要がありますし、意外と時間がかかってしまうものになっています。何も考えずにぱっと買ってしまって、建てた後に後悔してしまっては意味がありません。その為、実際に建てる前にじっくり検討する必要があります。3ヵ月の中で墓石のデザインや形、彫刻内容など細かな内容をしっかりと打ち合わし満足のいく仕上がりにしていく必要があります。また、選ぶ石によってはさらに作業に時間がかかってしまうので、ある程度余裕を持って制作していく必要があります。選ぶ石、彫刻の仕方など、こだわりたい人も中にはいるでしょう。そんなこだわりをしっかりと入れ、理想の墓石を作っていきましょう。

建てる時期としては四十九日や一周忌を目安に建てる人が多くなっていますが、中には生きているうちに建ててしまう人もいます。また、跡継ぎがいるかいないかによってもどの様にするのか変わってきます。準備をするのであれば早め早めに準備を進めていく方が良いでしょう。墓石の種類も豊富にあり、最近ではデザインも凝った物が多くなってきています。これまでであれば細長い長方形が一般的でしたが、この形にとらわれず、生前故人が好きだったものをデザインしたり円形状など変わったデザインも多くなってきています。まずはどんなものにしたいのかじっくりと検討し、後悔の内容に制作をしていきましょう。安い買い物ではありませんし、それを代々受け継いでいくことになるかもしれません。その事をしっかりと頭の中にいれ、その様なものを制作していくのか決めておきましょう。

▲ ページトップへ